逆流性食道炎を漢方で治療しましょう

胸焼けや痛み、また喉の違和感などを感じる症状として逆流性食道炎があります。
逆流性食道炎は胃酸が食道方向に逆流することで食道が胃酸によってダメージを受けて炎症を起こすというものです。
胃酸は強力な酸性の液体で、これによって食べ物を柔らかくして消化しやすいようにする役目があります。
胃そのものは粘膜によって保護されているので健康な状態であればダメージを受けませんが、何らかの理由でその保護する粘膜の機能が失われると胃壁にダメージが発生して胃痛や潰瘍の原因になります。
一方で胃以外の部位、特に口に向かっての食道部分は胃酸に対する耐性がありません。
通常は、胃酸が食道方向に流れることはないのですが、何らかの理由によって胃酸が逆流すると食道にダメージを与えて炎症を起こします。これが逆流性食道炎です。
逆流性食道炎を治療する方法としては、胃薬や制酸剤などが使われます。
胃薬の場合には胃の働きを良くして逆流を防ぐというもので、制酸剤は胃酸を中和することでダメージを緩和するというものです。
近年の有効な逆流性食道炎の治療薬としては強力に胃酸の分泌を抑えるものが使われています。
しかし、胃酸の分泌を抑えるだけの方法では抜本的な逆流性食道炎の治療にはなりません。
この場合には胃酸によるダメージを緩和することで炎症を起こしている部分が正常に戻るのを手助けするというものになります。
このため回復しても再び逆流性食道炎になる可能性があります。
このため逆流性食道炎では日頃からの食生活や姿勢などがならないためには重要です。
このため予防策や軽い状態での治療方法としては漢方薬を使う方法があります。
逆流性食道炎の治療に使われる漢方薬としては半夏瀉心湯、六君子湯、半夏厚朴湯未完、イツラックなどが知られます。
漢方では身体の治癒力を高めることによって症状を改善するので、強力に胃酸を抑える薬を使うよりも安全ですが、一方ですぐに効果が出て来ることはないので、長期的な服用が必要になります。

半夏厚朴湯とイツラックはどんな漢方薬?

逆流性食道炎で漢方を治療に使う場合には基本的には症状が軽い状態です。
特に予防に使う場合には胃酸の分泌を強力に抑える薬よりも安全性に優れます。
効果の高い薬ほど長期間の服用により得られる効果が下がっていきますが、漢方の場合には身体の治癒力を高めるため継続して服用することができます。
反対にいえば長期の服用によって症状を緩和しまた逆流性食道炎になるのを防ぐという性質のものです。
漢方においては明確に逆流性食道炎に効果があるというものはなく、逆流性食道炎によって発生する症状に適用したものになります。
半夏厚朴湯は逆流性食道炎の代表的な症状である食道の違和感、胃炎、吐き気といったものに効果があります。
また神経の高ぶりによっても逆流性食道炎が発症すると考えられており、半夏厚朴湯は神経を落ち着かせる効果もあります。
六君子湯は、胃炎、胃痛、食欲不振、消化不良、嘔吐などの症状に効果があります。
作用としては胃腸の働きを活発にすることで、それにより体内の水分の循環を改善します。
半夏瀉心湯は、胃腸炎やみぞおちあたりのつかえ、胸焼け、吐き気、ゲップなどに効果があり、健胃作用があります。
一方でイツラックは、桂皮、丁字、茴香を含んだ生薬製剤です。
漢方の一種ですが昔から処方されている伝統的な漢方ではなく新しくできたものですが、厚生労働省にも認可されています。
イツラックの効果としては胃の痛みや不快症状、体調不良を改善するといったものです。
イツラックの香りとしてはミントのようなもので逆流性食道炎による不快症状を緩和してくれます。
また逆流性食道炎だけでなく含まれている桂皮、丁字、茴香は胃の不調のさいによく処方される漢方の生薬で、これらにより胃の状態を改善することができます。