逆流性食道炎になった場合に摂るべき食事

逆流性食道炎についてどの程度ご存知でしょうか。
近年、メディアにも取り上げられることが増えたこの疾患ですが、呼んで字の如く胃酸が食道へと逆流し、そのために炎症が起こる、というのが発症のメカニズムです。
なぜそれがこれほど注目されているのかと言えば、逆流性食道炎を放置しておくと炎症が起こった食道に起こるがんのリスクが高まるためです。
食道がんは特に転移しやすく、軽んじることのできないものだといえます。
この逆流性食道炎はかつては欧米に多く、日本人には少ない疾患でした。
しかし、近年では欧米と日本で発症率の差は縮まっています。
というのも、この疾患の原因には様々なものがありますが、その一つに胃酸の分泌増加があります。
胃酸は消化しづらいものを食べたときに活発に分泌されますが、食の欧米化により脂身の多い肉を食べる食事習慣が日本人の中でも増えたことにより日本人の胃酸分泌量がかつてより増加しているのです。
ですから、逆流性食道炎を患っているときは脂質を多く含んだ脂っこい食事は出来るだけ避けたほうがいいでしょう。
タンパク質を摂取したい場合、肉類であれば鶏肉、魚であれば白身魚が理想的です。
鶏肉は蒸し鶏にしたり、白身魚は焼き魚にするなど、出来るだけ油を使わずに仕上げることで過剰な胃酸の分泌を抑えることが出来ます。
またタンパク質を摂取するために豆腐の摂取もいいでしょう。
しかし、逆流性食道炎では食道粘膜が傷ついているために、薬味などの粘膜を刺激するようなものは推奨できません。
湯豆腐などの優しい味の豆腐料理だと胃にも食道にも優しいです。
他には消化に難儀しない、風邪の時に食べるような食事がいいでしょう。
一例にうどんやお粥などといったものです。
これらは消化に良いので重宝しますが、うどんなどは食べやすい、と熱いまま食べてしまうとその熱によって食道の粘膜を火傷してしまい症状を悪化させてしまう可能性があるため、しっかりと冷ましてから食べることが重要です。

逆流性食道炎のときに食べては食事

逆流性食道炎になったら避けたほうがいいのは主に脂っこい食事、刺激物が主なものです。
肉の脂身のような食事は避けるべきなのはもちろん、にんにくを使った料理、コーヒーなどの飲み物も控えましょう。
我々が普段口にする食べ物の中で、意外なほど脂肪分を含んでいて粘膜刺激性があるのはカレーです。
非常に人気のある食品だけに、禁止されると辛い方もいらっしゃるでしょうが、症状が落ち着くまで辛抱するほかないでしょう。
また、消化に難儀する食品には食物繊維を多分に含んだ食品が挙げられます。
野菜の中でも特にゴボウなどですが、普段何気なく口にしている豆類、イモ類、海藻類なども野菜と並んで食物繊維を多く含んだ食品です。
これらは腸の調子を整える反面、ヒトの持つ消化酵素だけでは消化できないため、胃が強引に胃酸で消化してしまおうとして過剰に胃酸分泌を行います。
特にイモ類は消費量も大きく、またポテトチップスなどに加工すると揚げ油による脂肪分によってさらに胃酸分泌が亢進する、という悪循環を生じます。
実感することは少ないですが、ケーキに使われているクリームは牛乳から油脂分を抽出して作ったものですので逆流性食道炎の症状を悪化させます。
刺激性も無く、一見無害に見えますが、我慢のご褒美にするにはケーキは少し不向きなようです。
そんな食生活に牛乳を摂ることで胃や食道の粘膜を守ることが出来ます。
牛乳や豆乳などは胃酸と混じらずに粘膜表面を覆い、それらが作る膜によって粘膜の障害が防止されます。
これらの保護作用は一過性のものであり過信することは出来ませんが、食事の前に一杯の牛乳を摂ることで少しだけでも保護作用が得られるのであれば嬉しいことです。