十二指腸潰瘍の症状について

十二指腸潰瘍の症状は腹痛、特に上腹部に痛みがあらわれます。
その他には、胸焼け、膨満感、食欲不振、吐き気、嘔吐など症状が多いです。
十二指腸潰瘍にはいくつかの特徴があります。
この病気にかかるのは男性が多く、さらに30~40歳代に多いのです。
男性で30~40歳代に多いのは、ストレスや胃酸が多く分泌するといったことが原因と考えられていますが、10代や20代でもなることはあります。
腹痛にも特徴があります。空腹時に痛みがあらわれるので、夜間や早朝も腹痛が起こります。
その反対にごはんを食べると痛みが和らぐという特徴もあります。
症状が出ないこともありますが、悪化すると穴が開き急性腹膜炎や大量の出血が起こることもあります。
出血があると、血を吐いたり下血、黒い便が出ることもあります。穴が開くと、時間が経つにつれてお腹の痛みが広がってきます。
強い痛みによって動けなくなってしまうこともあるほどです。穿孔によって内臓に胃酸などが流れ込んでしまい、炎症が起こります。
腹膜炎は最悪の事態を招くこともあるので早めの処置が重要です。
十二指腸潰瘍を繰り返すことで、傷跡が変形し、幽門部や十二指腸球部という場所が狭くなり、食べたものが通りにくくなります。
食べ物が通過するのに時間がかかるため、お腹が張ったように感じたり、胃酸が逆流し胸焼けを感じたりします。このようなことから食欲が低下したり、栄養障害によって痩せたりすることもあります。
痛みがあらわれるのは腹部以外の場合もあります。それは背中で、十二指腸潰瘍の場合は右側が痛くなることがあります。
背中の痛みも空腹時に感じるのが特徴です。ただ、痛みの感じ方や、痛む場所は人によって違うこともあります。
右側だけではなく左右両方が痛いと感じることもあります。
非ステロイド系抗炎症薬を使用することでも十二指腸潰瘍を引き起こすことがあります。
非ステロイド系抗炎症薬が胃粘液の分泌を少なくなせることが原因です。この場合腹痛などを自覚しにくいので、突然出血に関する症状があらわれます。

十二指腸潰瘍の検査は何をする?

腹痛や食欲不振などの十二指腸潰瘍の症状がある場合、検査を行います。検査方法は、問診や触診、バリウム検査、内視鏡検査といった内容です。
特徴的な痛みがあるので、問診や触診のみで十二指腸潰瘍と診断される場合もあります。
薬の服用で様子を見る診断的治療が行われますが、基本的な検査はバリウム検査と内視鏡検査です。
問診は、非ステロイド系抗炎症薬の使用の有無、ストレス、アルコールなどについての確認などです。
触診は、痛みがある場所を探るのに必要です。痛みがある場所は押すと固い特徴があります。
バリウム検査では、潰瘍があるとバリウムが入り込むので十二指腸潰瘍なのか確認することができます。
内視鏡検査では、カメラを使って状態を確認できるので十二指腸潰瘍がどの程度進行しているのかが分かります。
場合によってはその場で止血などの処置も可能です。内視鏡検査は、鎮静剤や麻酔などを使用し10分ほどかかります。
このような検査方法によって十二指腸潰瘍が確認できたら、原因を探るためにピロリ菌がいるのか確認を行います。
ピロリ菌に感染していると、胃の粘膜が傷つくので潰瘍の原因となるのです。ピロリ菌の検査は、内視鏡を使用して胃の中の組織を採取して行われます。
培養や顕微鏡でピロリ菌がいるのかを確認します。内視鏡を使用しない方法もあり、検査薬を服用して呼気から調べる方法や、血液、尿、便からも検査可能です。
呼気から検査をする方法は、機材が病院にあると短時間で結果が出るので多く用いられている方法です。ピロリ菌に感染していることが判明したら、薬を使用して除菌をする治療を行います。
このように、十二指腸潰瘍の検査はバリウム検査と内視鏡検査が基本となります。その後ピロリ菌の検査も行います。